この『おとらく手帳』は、2006年〜2010年です。2011年以降は、新しい『おとらく手帳』へどうぞ!

7月25日 天神祭

  • 2010年07月26日(月)

7月25日 ひとなみに・・・
からだと心が一体である事に気づく、疲れてイッパイ.イッパイのときは
分からないものですネ。どちらが先にゆるんだか分かりませんが、昨日
明らかに緩んだものがありました。母が大阪市北区に住んでいますので、
僕らは通えるときは1日おきに大都会の住人になります。
7/25.日曜日都会人になる日、天神祭の夜でした。いったんは駐車場をさがして
も何処も満車、お薬の準備とスイカ、ポカリスエット、熱中症の予防対策などの支度をする妻を車で待っていますと、何台か車のでてくる気配が、さっそく管理事務所に行き、臨時駐車できないか聞くと、やはり何台か出て行ってるので大丈夫だとの事。ラッキー、無事駐車完了。二人で、もういちどマンションにもどり、談笑。
車いすで祭りに行きませんかと聞きましたが、暑いから、人もおおいから、行かない。
それもそうだと、妻と二人で、珍しく花火見物に。裏道までよくしった町を人ごみをさけ花火のよく見えるスポットへ。若い人達は浴衣に着飾り、はれやかな笑い声。日頃、避けていた人ごみの中、いざ、入ってみると身体と心がゆるんで軽くなっていくのを感じました。祭りの花火にあつまる人達の雑踏の中に平和がじんわりこみあげてきました。たまには、人混みに身体をゆだねるのもいいもんですね。