この『おとらく手帳』は、2006年〜2010年です。2011年以降は、新しい『おとらく手帳』へどうぞ!

スタッフ ベンダ ビリリをみた!!!!

  • 2011年01月23日(日)

そこぬけにあかるく、元気で、観客みんなが笑顔で踊りだすバンド、「スタッフ ベンダ ビリリ」 をNHK Hiでみた。コンゴのキンシャサの手作りの3輪車いすに乗る
元ホームレスのバンド。缶と木で作った一弦琴サトンゲ、まるでオーバードライブのかかったエレキギター、箱にキックのベードラ、木をくりぬいたタムのおんぼろドラムキットが作り出すコンゴリーズルンバの強烈なグルーブ、分厚いコーラス。
かっこええ。ベンダ ビリリはリンガラ語で外見にとらわれるな中身を見ろ、と云う意味だそうだ。
「オレはかつて段ボールで寝ていたが、ツキに恵まれマットレスを買えた。人間に“再起不能”なんてことは絶対ない、“遅すぎる”なんてこともない」と真の障害は肉体ではなく心の中にある、と人々に呼びかける。

音楽でみんな繋がりアフリカいちのバンドをめざした彼ら。音楽は楽しくすごい力を持っている事にまた感動した。ほんとにかっこええ!!