この『おとらく手帳』は、2006年〜2010年です。2011年以降は、新しい『おとらく手帳』へどうぞ!

この度の震災

  • 2011年03月17日(木)

3月10日長野県の駒ヶ根に吉本有里さんのレコーディングにでかけました。10日夜はおしゃれなカフェでライブ。11日朝からレコーディングがはじまり、心地良く録音は続きました。昼食後の録音最中におおきな長い揺れがきて外へでました、それから5分位に感じるほど揺れ続けました。おさまってからも余震がありましたが音楽に集中しているので、テレビは見ませんでした。持参したラジオを寝床で聞くと,未だかつてない災害の様子が聞こえています。前むいた気持ちで音楽を表現したいのでそのまま眠りました。その眠りの中轟音がなり飛び起きました、ラジオで長野県が震源の地震だとわかりました。12日午後明るいうちに録音を終え名残惜しみながら中央高速に乗りました。車の流れもよくスムーズに走っていました。給油のため、サービスエリアのスタンドで満タンお願いしますと云うと、供給のめどがありませんので20リットルしかお入れする事は出来ません,との答えにこれは大変な事が起っていると身を以て感じました。そして一度も休む事無くひたすら走り続け大阪の我が家にたどり着き,楽器や荷物を降ろし一息ついてテレビをつけると、いままで見た事のない光景がくりひろげられています。涙が流れてきました。何かしたい、出来る事はなにか、きちんと考えて、被災者に迷惑をかける行為はさけないといけないし,もどかしい思いが募るばかりです。
僕が代表を務めるアースデイin大阪ロハスサイクル実行委員会として、
4月24日アースデイin大阪を旧北天満小学校で自転車発電のエネルギーだけでおこないます。微弱な発電で、被災地に電力を持っていく事は出来ません、しかしエネルギーの大切さを身体を使って感じていただき、実行委員会,参加して下さる方、ひろく皆さんに呼びかけ、私たちが出来るかぎりの救援活動をさせていただきます。
また、アースデイ in 大阪 ロハスサイクル実行委員会は、アースデイ東京2011実行委員会が発表する「上関に関する声明」に賛同し連名しております。
アースデイ東京の理事こうちあきお氏と電話で全国アースデイとして,原発のことを考えなくてはと云っていた矢先、福島第一原子力発電所で事故が起こってしまいました。懸念していた事故です。これから、未来に向けて社会、エネルギーのありかたを
根本的に考え直す時が来たと思います。世界が賞賛する日本人のすばらしさは、争いをやめ世界中が一つに成る事を示していると思います。